開催概要

ワールドマスターズゲームズとは?

ワールドマスターズゲームズは、国際マスターズゲームズ協会(IMGA)が4年ごとに主宰する、概ね30歳以上のスポーツ愛好者であれば誰もが参加できる生涯スポーツの国際総合競技大会です。

オリンピックの翌年に開催され、第1回は1985年にトロントで開催され、直近では2017年に第9回大会がニュージーランド・オークランドで開催されました。

そして、次回2021年には、アジアで初めて日本で開催される事が決定しています。
第10回の記念大会、その舞台は関西です!!

開催概要

開催日時
2021年5月15日(土)~5月30日(日) 16日間
競技種目
アーチェリー(ターゲット)、陸上競技(トラック&フィールド/競歩/10Kmロードレース/ハーフマラソン/駅伝)、バドミントン、バスケットボール、 カヌー(マラソン/スラローム/スプリント/ドラゴンボート)、自転車(マウンテンバイク/トラック/ロードレース/BMX)、ホッケー、 サッカー(サッカー/フットサル)、オリエンテーリング(ロング/スプリント)、ボート、射撃(ライフル/クレー)、ソフトボール、スカッシュ、卓球、 トライアスロン(トライアスロン/デュアスロン/アクアスロン)、ウエイトリフティング、野球(硬式野球/軟式野球)、ボウリング、ダンススポーツ、 ゴルフ、ハンドボール、柔道、空手道、ラグビーフットボール、セーリング(ヨット/ウィンドサーフィン)、水泳(競泳/飛込/水球/シンクロナイズドスイミング/オープンウォーター) テニス(テニス/ソフトテニス)、綱引、バレーボール(インドア/ビーチ)、テコンドー、グラウンド・ゴルフ、ゲートボール
開催地
関西各地域
競技種目・開催地の詳細はこちら
目標参加者数
約50,000人
【内訳】国外参加者数:20,000人、国内参加者数:30,000人
【(参考)09年シドニー大会<約3万人>、13年トリノ大会<約2万人>、17年オークランド大会<約2万5千人>】

大会テーマ・コンセプト

スポーツ・フォー・ライフの開花

大会創設時に提唱された「スポーツ・フォー・ライフ(人生を豊かにするスポーツ)」の理念および、
関西大会が掲げる5つの大会コンセプトが、10回目となる記念大会で開花することを目指します。

logo

大会基本理念

一人ひとりの挑戦と多様な交流の和をつなげ、地域の独自性や日本の伝統・文化を世界に発信し、次世代に夢をおくる生涯スポーツの祭典を
創出します。

  1. 1 日本の歴史・文化が集積する関西で、生涯スポーツ先進地域としてわが国のスポーツ文化を世界に発信
  2. 2 関西で育まれてきた人的資源やおもてなし文化を発揮しながら、後世に残る世界最高峰の生涯スポーツ大会開催
  3. 3 2019年、2020年に開催されるラグビーワールドカップと東京オリンピック・パラリンピックとの一体的推進により「みる」「ささえる」
    スポーツの機運を「する」スポーツへの醸成
  4. 4 開催地の主体性を発揮した広域開催による地域創生
  5. 5 スポーツと観光を融合させたスポーツツーリズムによる地域活性化の促進
  6. 6 健康・スポーツ関連産業の更なる振興を推進
  7. 7 高齢化の進展を視座に入れ、成熟社会におけるスポーツを通じた健康社会への寄与