2017.11.22第3回総会 国際スポーツ3大会の連携協定が決定

11月21日(火) 帝国ホテル大阪にて、関西ワールドマスターズゲームズ2021組織委員会 第3回総会を開催し、当組織委員会が、ラグビーワールドカップ2019組織委員会、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会と締結した協定及び、国内7外国語大学で構成される「全国外大連合」との連携協定など、各方面で進められている大会の準備状況について報告しました。
また、IMGA会長カイ・ホルム氏とIOCスポーツディレクター キット・マッコネル氏から関西大会へ送られた応援のビデオメッセージが紹介されました。
井戸・松本両会長をはじめ、森名誉会長、応援大使の武井壮さんらを中心に、開催府県政令市の代表の皆さんと共に関西大会の成功に向け、気勢を上げました。

会場では、開催府県市や歴史街道協議会、関西観光本部の皆さんによる、PRブース出展のほか、今年4月に開催されたオークランド大会組織委員会からの贈呈品であるマオリの彫刻品の展示も行われました。
今後とも、組織委員会・実行委員会一丸となって、盛り上がりを加速させ、大会成功に向けてがんばっていきます。
引き続き、ご支援のほど、よろしくお願いいたします!