2016.12.16レガシー創出委員会を開催

12月14日(水曜日)、大阪市内で第2回レガシー創出委員会を開催しました。本委員会は、各界・分野の有識者12名で構成され、大会開催後にどのような効果がもたらされるのか、そしてどのような成果を積極的に遺し未来に引き継ぐのか等、基本的な考え方を第1回の委員会で議論をおこない、レガシー創出に向けた計画づくりを進めています。
会議では、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会のアクション&レガシー担当の佐々木部長をお招きし、東京2020の取組みについての紹介をいただくとともに、「スポーツ・健康・生きがい」「地域・環境・社会」「観光・産業・文化」「KANSAI・アジア・世界観」「教育・科学・次世代」を創出テーマとする『レガシー基本構想案』について、アドバイザリー・コミッティ※を交え活発な議論がおこなわれました。(基本構想は年度内に策定予定)

※アドバイザリー・コミッティの役割
 ・レガシー創出事業の情報発信
 ・団体等が実施する事業プログラム等への活用、組織委員会が実施する事業への協力や参画
 ・レガシー基本構想の策定、レガシー創出の方向性や具体的アクションの検討に関する助言